PHOTO×LECTURE×MUSIC をテーマに今話題の北欧アイスランドの文化を伝えて行く事を目的としてしたイベントを企画しています。早稲田祭にてみなさんをお待ちしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Sigur Rós - Takk/Glósóli Live in Reykjavik

takkはアイスランド語でありがとうという意味です!

本日早稲田祭にて開催されたHullaballabalú-Icelandic Cultual Festivalにお越し頂いた皆様、どうもありがとうございました!!数えただけでのべ230名以上のお客様がご来場くださり、運営側としてはやりがいと達成感で胸がいっぱいです!本当にありがとうございました!!!
gamilPB062606.jpg


また、クッキーを食べられなかった方、講演中に立ち見になってしまった方、誠に申し訳ありませんでした。当初の予定では、集客は一日で100人、講演は35名定員で考えておりましたが予想を遥かに上回るお客様がご来場されました。そのため、受付でしっかりとした対応ができず、皆様の質問に答えられないなど不足の事態を招いてしまいました。不快に思われてしまったお客様もいらっしゃることでしょう。重ね重ねお詫び申し上げます。

しかしながら、私たちも全力でアイスランドの魅力を多くの人に伝える事が出来、非常に嬉しく思うと共にこんなにも多くの人がアイスランドという国について興味を持っている事を知り、とても驚きました。講演をして頂いた小倉悠加さんや写真家のシバノジョシアさんにも多くの方が熱心に質問をしている姿を見て、私自身アイスランドについてより知りたい、行きたいという気持ちが大きくなりました。

数多くのトラブルや、嬉しい誤算がありつつもなんとか無事にイベントを成功させる事が出来たのも、ゲストの小倉悠加さん、シバノジョシアさん、荒木俊輔さんのおかげです。
荒木さんにはアイスランドについてのプレゼンを始め、アイスランドについての豊富な知識を生かしてスタッフの一員としても活躍して頂きました。
gamilPB062598.jpg


シバノジョシアさんには仕事が忙しい中フライヤーの作成から空間デザイン、プロジェクションなどに協力いただきました。シバノさんの力なくしてはこのイベントは成功を迎える事は出来なかったと思います。
gamilPB062592.jpg


メインイベントの小倉悠加さんの講演の集客力はとても大きく、入りきれない人も出てしまうほどでした。小倉さんに講演を最後にして頂いたおかげで、何度もイベントに足を運んでいただいたお客様もいたほどです。この三人の素晴らしいゲストの方々には感謝しても仕切れないほどです。改めて、本当にありがとうございました!!

次々と増えるお客さんの図、最後には熱気と立ち見で溢れ返った208教室
gamilPB062618.jpg
gamilPB062611.jpg
gamilPB062620.jpg


今月末、11月27日にもう一度アイスランドに関するイベントを行いますので、これからもブログをチェックしていただけたら幸いです。もし今日ご来場いただいたお客様の中でこのブログをご覧になっている方がいましたら、気軽にコメントや質問をお待ちしています!今日はどうもありがとうございました!!




スポンサーサイト

【2010/11/06 23:55】 | 未分類
トラックバック(0) |

楽しいイベントありがとうございました!
yuga
最後の写真で立ち見している、青い服の者です。
私も「アイスランドの文化と言語」取っていましたよ!今回の企画を知って、自分も学生時代何かアクションを起こしておけば良かったなぁ・・・と今更ながら思いました(笑)
また何かイベントがあれば是非うかがいます!

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
楽しいイベントありがとうございました!
最後の写真で立ち見している、青い服の者です。
私も「アイスランドの文化と言語」取っていましたよ!今回の企画を知って、自分も学生時代何かアクションを起こしておけば良かったなぁ・・・と今更ながら思いました(笑)
また何かイベントがあれば是非うかがいます!
2010/11/08(Mon) 22:47 | URL  | yuga #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/11/09(Tue) 07:24 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。